TOP   使用ボート タックル 釣り方  料金

アクセス 注意事項 

 空き状況 釣果情報

当船はキャッチアンドリリースを推奨しております
魚達は徐々に少なくなっています
末永く釣りを楽しむために
釣った魚は必要分以外はリリースをお願い致します


釣り方

初めてボートシーバスに出かける人向けの説明です。

オカッパリよりボートの方が釣れるイメージありますが、

活性が低ければ、しっかりツボを押さえないと釣果が伸びない時もあります。

活性が高ければイージーな釣りになりますが、

そうでないときは試してみてください。


よくある構造物のシチュエーション、水中に横棒が無い場合は奥にキャスト!

横棒がある場合は奥の魚はは狙えないので、手前にしかキャストできない。

活性の高い時は建造物から離れても追ってくるが、

活性が低い時は建造物から出てこないか、ビタビタに着いて離れない。

浅い棚に魚がいる場合は、横棒の下に魚が付いている場合が多く、

そこから魚がなかなか出てこない。

点線の部分が魚の守備範囲、その中でルアーをアピールして食わせなくてはならない。

この魚を狙う場合は、建造物に対して直角にルアーを投げるのではなく、

なるべく建造物に平行か平行に近い斜め引きでルアーを通すしかない。

斜めキャストや平行にキャストすれば、

比較的長く魚の守備範囲の中でルアーをアピール出来ます。

そして、ボートがゆっくり潮上から潮下流れながら釣りをする場合は

潮下に向かってキャストすれば

ボートのプレッシャーの無い部分を狙える訳です。

そして、魚が居ると思われるポイントにポチャンと落としちゃダメです。

魚がいると思われる所の向こう側に落として、ポイントを通過させてくださいね。

ルアーを良く見切るので、バス釣りみたいに長いステイは避けた方が無難・・・

あと、デイゲームだとみんな帽子持ってきてますけど、

ナイターも帽子が必需品です。

毛糸のワッチキャップとかじゃなくて、ツバの付いてるキャップ等です。

ナイターでもキャップがあると格段にキャスト精度が上がります。

ナイターの定番ポイントはライトスポットが多いので、

ボートから岸に向かって釣りをしているときは

岸側に光源が存在するので逆光でキャストすることになります。

車を運転してる時も逆光だとバイザー出すでしょ・・・

キャップはバイザーと同じ効果があるので、しっかりと暗がりの奥まで見えて、

ギリギリのキャストが出来るんです。

デイならさらに、性能の良い偏光グラスも忘れないでください。

水中の情報量が増えますからね。

安全面でも有効ですので必需品です。

夜は透明レンズのアイガードがあると良いですね。

性能が悪い歪んだレンズの偏光グラスは船酔いにつながる場合があります。