TOP   使用ボート タックル 釣り方  料金

アクセス 注意事項 

 空き状況 釣果情報

当船はキャッチアンドリリースを推奨しております
魚達は徐々に少なくなっています
末永く釣りを楽しむために
釣った魚は必要分以外はリリースをお願い致します


キャスティング系

スピニング

ロッド 
6ft前後、ボートですので7ft以上の竿は
取り回しが悪く危険な場合があります。 
ルアーの重さに合わせて選んでください。

最近は

接近戦用にショートロッド
通常用に6ft6inクラス
長距離用にロングロッド6ft8in〜7ftクラス
と3本セットなんてのも有りです。

最初に1本買うなら6ft6inクラスです。

短いロッドほどキャスティング精度が上がり
長いほど精度が落ちます。
7ftクラスとなればストラクチャーで狙って打つには
使いにくいので注意してください。

オカッパリ用9ftクラス等は羽田とかで使う人も居ますが
それ以外に使い道は少ないです。

リール 
ダイワ2000〜3000 シマノ3000前後

ライン

道糸PE系16〜24lb (1号〜1.5号) 
ナイロンは飛ばないのでお勧めしません。

リーダー20〜30lb

☆当船のレンタルタックルは間に合わせ程度の
ナイロンライン16lbです。
無料レンタルですので、ごかんべんくださいませ・・・

ラインについて補足

飛距離の点でPEが圧倒的に有利です。
飛距離の出ない方は釣果ゼロもあり得ます。
最近は値段も下がって手軽に購入できて耐久性もあるので、
これから揃えるならPEにしましょう。
初心者でもPEです。
リーダーの結びは
PRノットやFGノットを頑張って覚えてください。
それ以外のノットは難点あり、
出来ない方はしょうがないので電車結び!

デイのルアーは

トップ、ミノー、シンキングペンシル、バイブレーション、テイルスピン
ワームのジグヘッドリグ等、 状況により変化します。

ナイターのルアーは

トップ、ミノー、シンキングペンシル、ワームのジグヘッドリグ等、
さらに場合によってはバイブレーション等、 状況により変化します。


ジギング系

ジギングはベイトタックルが圧倒的に有利です

ロッド
6ft前後ライト〜ミディアムライトクラスのライトジギング用

これから揃えるならライトジギング専用ロッドが良いです。
間違えて青物系のロッドを買わないように注意してください。

ベイトリール
ハンドル1回転70〜80cm等の速めの巻きが出来るもの推奨、
深くても30m位の水深しかねらいませんので
でかいジギング専用リールみたいな物は合いません。

ライン PEで深さのマーキングが有るもの推奨、1号位で20〜24lb
慣れればマーキングは無くてもOK

リーダー 20〜30lb

メタルジグは60g中心に使います。
フックはトリプルフックよりもアシストフックが良いです。
フックはテール側につけるのが一般的で、
サビキみたいな飾りのついて無い物が良いです。
リアにトリプルフックをつけるとエラに掛かったりして、
無駄に魚を殺す事が多くなります。

軽いジグは潮に負けて使い物にならないので、
60g中心でお願いします。


落し込みクロダイ

竿とリール
スピニング系とタイコリール系があります。

ボートシーバス用の6フィートから7フィート弱くらいのタックルで
やろうとする方もいらっしゃいますが、
難があります。

ズレたタックルで釣れるほど甘くありません。
時間の無駄と言っても過言ではありません。

きっちりと黒鯛に的を絞ったタックルの準備をお願いします。

スピニングタックルは
7フィート以上のティップラン用ロッド
やスピニング落とし込み専用ロッド
無ければ柔らかめのシーバスロッドや
エギングロッドで代用で出来ない事も無い、
どれも2m30cm以上が有利です。

リールはスピニング
シマノなら3000番位

タイコリールタックルは

糸を出しておいて軽く送り込んで打っていくので、
糸サバキが少し難しいですが
慣れれば楽しい。

竿は
黒鯛落し込み用かヘチ専用竿
2.45〜3m位

リールは
落とし込み用かヘチリール

★★以下は道糸、ハリス、オモリ等ですが、
スピニングタックルとタイコリールタックル共通です★★。

道糸
ナイロンなら2号〜3号
PEなら1.5〜2.5号

ハリス
フロロカーボン1.7号〜2号〜2.5号
ポンド表示だと7lb〜8lb〜10lb
ナイロンじゃありませんフロロカーボンです。

オモリ
ガンダマ 3B〜5B 時には6B
風や潮の流れによって変えます。
出来れば全サイズ


チヌ落とし込み用
カニ専用や貝専用、
3〜5号
出来れば全サイズ

ヨリモドシ
8号位、なるべく小さいもの。
ハリスと道糸を直結するなら無くても可。

エサ 現地調達については事前連絡
イガイ(2017年7月12日現在、桟橋は高水温でストックできない状況なので現場採取となりそうです)
カニ(基本的には各自ご用意ください。でも、船長が採取し確保している場合もありますので問い合わせてください。)

疑似餌系
KI企画の
イガイバリュー
パイプバリュー
フジツボバリュー

フラッターベイツの
イガイルミニかイガイル

キャンディー等

★★★★★
黒鯛落し込みは非常にバランスが大事ですので、
バランスが悪いと釣りになりません。

竿〜道糸〜ハリス〜オモリ〜針まで
キッチリとした方が良いです。

軽いオモリでピツチングとか
フリッピングで落とし込みますので、
ラインの滑りが良いように、
ロッドとラインはフッ素コーティング剤や
シリコンコーティング剤
を使ってツルツルスベスベが良いです。


その他の装備

服装は晴れてても波しぶきがかかりますので、

レインウエアが必要です。

事故防止のため
ライフジャケット帽子偏光グラス
必ず付けてください。

日中の釣りでは偏光グラスがないと、
船を降りる頃には目を太陽にやられて目が赤くなります。

フックを外すためのプライヤー
魚をつかむフィッシュクリップもお持ち下さい。

ナイターでは各自、ライトをお持ちください。

トイレは有りませんので、事前に済ませてください。

フックはカエシを潰してバーブレスにしてください。

※釣った魚をお持ち帰りの場合※

魚の処理・管理はお客様御自身でお願いします。

船、桟橋ともにトイレありませんのでご注意さい。